タイ古式マッサージ理論④




タイ医学


タイは中国とインドの中間に位置し、古来から貿易や交流がありました。


また、タイ民族は中国南部からの移民ということもあり、東洋医学の影響も多く受けています。


インドのアーユルベーダ・中国の東洋医学などの影響を受け、独自に発達したタイ医学では、


世界は4つのエレメンツで成り立っている。と考えられています。


地・水・風・火』この4つの要素のバランスの取れた状態を健康、バランスの崩れた状態を病気、という。


タイマッサージ古式理論①

タイマッサージ古式理論②

タイ古式マッサージ理論③


 

4 Elements





アーユルベーダの流れを受け、体内の機能を『ドーシャ・ピッタ・ヴァータ』の3つの要素で表す。



タイマッサージの施術には『』が重要!


ゆっくりとリズミカルに押す深い圧迫→が正しい位置に、正しい動きに、滞っている場所(関節)に溜まったを追い出すため


東洋医学五行(5エレメンツ)


東洋医学の『風フォン』は動きであり、動きをもたらすものでもある。

外的な要因で起こる病気の大きな要因と考えられる。

風邪、気力の衰え、肝臓疾患、めまい、麻痺、偏頭痛、震え、手足の機能低下など。かゆみ、じんましん、咳、鼻水、精神病を引き起こす。


関連記事

すべて表示